時計

SKMEI ドラムローラー式時計

注目度抜群の時計です

個性的ではありますが、デザインが奇抜ではないので使いやすいです

針の無い時計と言えばデジタル時計が一般的ですが、ドラムローラー式時計は数字が記されたローラーが回ります

ドラムローラー式腕時計の現行品は、Future FunkとSKMEI(エスケーメイ)があります

Future Funkは、1万円余りで丸形と樽型があります。価格相応に質感は良いです

Future Funk ドラムローラー全種類

SKMEIは丸形のみの4千円弱。裏蓋以外はプラスチックで質感は価格相応ですが、カスタマイズ素材として優秀と言えます。ただ、アマゾンでSKMEI ローラーで検索しても何もヒットしません。代わりにFuture Funkで検索するとSKMEIのローラー式も出てきます。ブランド戦略としてのコバンザメ商法なのかもしれません

文字盤を外してムーブメントを剥き出しにする人がいて、真似をしたかったのですが難易度が高くて断念しました

SKMEIにはステンレスベルトのタイプがあります。このタイプの裏蓋はパかっとタイプで、ケースもステンレスですが重量感はありません。ラバーベルトのタイプは四点ネジ式になります

裏蓋を外すとムーブメントがでてきます。これは表から四点ネジ止めされています

カバーを外すとムーブメントが剥き出しになります。文字盤を外してこれをケースに戻すと、カバーがなくなった分だけ隙間が生じ、ケースの中でカタカタと動いてしまいます。この手当てが面倒でムーブメント剥き出し案は断念しました

代わりにカバーを戻して文字盤を反対にしてしてみました。これはこれでクールだと満足しました。ロゴのデザインが余りにダサかったからかもしれません

仕上げとして、車用のタッチペンを使い、ベゼルにダメージ加工を施しました。時計の元々の色は黒です。これにシルバーを塗って剥がしました。狙いとしてはシルバーの時計の塗装が剥がれて一部黒くなっているように見せたかったのですが、結構難しく、何度もやりなおしましたが、ここで妥協しました

最後に、ドラムローラー式時計は初期設定が必要です。これを省くと時計は正確に動作しません。また、数字が微妙にズレて横一列になっていない場合も初期設定で修正できます

プッシュボタンは左上が、左下がB、右下がC、右上がDとなっています

ローラーは一桁の分表記は1~0まで、二桁目の分表記も1~0まであります。初期設定をしないと、84分などという意味不明な表示をしかねません

どういう仕組みなのか見当もつきませんが安い割に良くできたムーブメントで、初期設定をすると、二桁目の分表記は5の次に0まで飛ばします

初期設定の仕方ですが、取説にも書いてありますけど、Aボタンを長押し、Bボタンで時間を12に合わせ、Bボタンで時間を12に合わせ、Cボタンで二桁目の分表記を0に合わせ、Dボタンで一桁目の分表記を0に合わせて最後にAボタンを長押しして終了です