スタンドアップパドルボード

SIC x14 安定感はそのままに、より速く、より遠くへ

スピードを求めるならボード幅の狭いものにすればいいわけで、SICx12.6TWCからx12.6SCCへ乗り換えれば速さは保証されます。TWCと比べてSCCは漕いだ感じが圧倒的に軽く、グイグイ進む感覚があります。ただ、スピードの代わりに安定性を犠牲にしており、残念ながら凪なら乗れなくはないですが、それでも釣りができる代物ではなく断念しました。

スピードと安定性の両立を求め、幅はそのままに長くするという選択を。それがSICx14です。何度もボードを買い替えていますが全て中古です。それでも試乗させてもらえることは滅多にありません。なので選択は保守的になります。そこまでSICに惚れ込んでいるわけではないのですが、知っている安心感があり、何となくSICを探してしまいます。

それで見つけたのが旧モデルのSICx14でした。持った感覚はTWCと遜色ない重さです。このサイズなのでかなり軽量化が図られていると思います。もはやボードというよりは小舟に近いサイズ感です。ノーズが重く、ロッカーが小さい形状はSICの特徴どおりです。デッキ前部にあるネットは荷物を挟みこめるので釣りに重宝します。

試乗する機会は持てませんでしたが即決しました。陸上での取り扱いは多少気を使います。12’6の感覚で油断するとあちこちにぶつけます。ですが、スピードと安定性を両立していました。TWCより明らかに進みます。他方SCCのような不安定さはありません。ここに辿り着くまで随分買い替えてきましたが、これは長く乗れそうです。ボードをキャリアに積んで自転車で移動できなくなるまで手放さないと思います。

ABOUT ME
kamakura8080
旅好きな妻と息子を持つオヤジです。 30歳で仮リタイヤし軽度の障害を持つ弟と世界一周。 今は、気の強い妻に巡り合い、素直な息子に恵まれたものの、上司のパワハラで鬱を発症。。。