メンタルヘルス

鬱、そのとき。職場復帰と職場環境

職場復帰は以前の所属部署ではなく管理部門でした。上司らにしてみれば良い迷惑だったと思いますが、事前に鬱の本を読んだり、接し方に配慮してくれたりと環境を整えてくれました。おかげで再発せずに二年間過ごせたと思います。

ただ、二年も経って慣れてくると、環境も変わってきます。上司の接し方は他の人へのそれと変わらなぬ厳しいものになりました。元気に見えていたのかもしれません。ですが、私の耐性は不十分でした。ここにいては治らないと確信し、異動を希望しました。希望は通りました。元の部署です。当時、パワハラで私を鬱にした上司はもういませんでした。部員も様変わりしていました。新しい上司が鬱の本を読んだ形跡はありませんし、部内に接し方を配慮する雰囲気もありません。ただ、高圧的な人はいませんでした。という意味でこの異動は正解だったと言えます。

見た目に分からない心の病というのは、周りも大変だと思います。どう接してよいのか分からない人もいると思いますが、ストレス耐性が不十分なので動揺しやすい弱い人くらいに思って接してくれるだけでもありがたいです。もっとも、接し方で悩んでくれる人などほとんどいません。重要なミッションは与えられるし、矢面に立たされることも、詰められることもあります。会社として、職場復帰したということは一人前に扱うということだというのであれば、それはそれで納得もしますが、評価や査定、昇進昇格は病人扱いです。何をやっても何をやり遂げても、所詮は病人のパフォーマンス。上司は言います「評価して欲しいなら治すしかない」と。そして「アピールできるようもっと頑張れ」と。頑張ったところで、病人なので評価されないと気付くのに二年かかりました。一年目は本当にアピールできるほどの成果を上げられていないからだと思い二年目はやり抜きました。が、二年目も上司の口から出たのは去年と同じ言葉でした。そして三年目、新たなミッションを与えられましたが、もうモチベーションは保てません。治すしかないのです。