時計

月の土地、買えます! 【ルナ・エンバシージャパン】

私もついに地主になりました。しかも月に1エーカー(1,200坪!)

そう、月(ムーン)です。正直どの辺かは分かりません。当然ながら現地は見ていません。久々にデカい買い物をしました。今回は自分へのご褒美です。

実は初めて買ったのは息子の出生記念。何か夢のある記念品は無いものかと探し、ムーンウォッチと称されるオメガのスピードマスター・プロフェッショナルと月の土地を買いました。成人したらプレゼントするつもりです。

購入すると権利書が届きます。権利書だけなら送料込2,700円ですが、紛失しそうなのでファイルもセットで6,609円にしました。
高いとみるか、安いとみるかは価値観だと思いますが、ロマンを買った満足度は限りなく高いです。

権利証と引き換えできるギフトカードもあります
≪月の土地≫スペシャルギフトセット!

月の土地を販売しているのは、アメリカ人のデニス・ホープ氏。 (現アメリカルナエンバシー社CEO)同氏は、「月は誰のものか?」という疑問を持ち、法律を徹底的に調べました。

すると、世界に宇宙に関する法律は1967年に発効した、いわゆる宇宙条約 しかないことがわかりました。この宇宙条約では、国家が所有することを禁止しているが、個人が所有してはならないということは言及されていなかったのです。

この盲点を突いて合法的に月を販売しようと考えた同氏は、1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立てを行ったところ、正式にこの申し立ては受理されました。

これを受けて同氏は、念のため月の権利宣言書を作成、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にこれを提出。

この宣言書に対しての異議申し立て等が無かった為、LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立、『月の土地』を販売し、権利書を発行するという「地球圏外の不動産業」を開始しました。