時計

フランスの名門yema(イエマ)の復活

創業は1948年。老舗と言うほど古いブランドではありませんが、60年代以降フランスを代表する時計ブランドの地位を確立していました。破壊不能と評価されてフランス空軍に採用されたsupermanと名付けられたモデルのほか、ルパン三世も巻いていたブランドとして認知されています

最盛期には50ヶ国に輸出されていたイエマですが、1982年に身売りされます。1988年にはセイコー傘下に入りますが、2004年にフランス資本に買い戻されて母国へ戻ります。そして、セイコーグループに入った1988年から30年を経た2018年、フランスのブランドとして日本に上陸を果たしました

古き良きスポーツモデルを再現するイエマには、他のブランドにはない二つの魅力があると思っています。誤解を恐れず言えば一つ目は由緒正しき無名のフランスブランドだということです。アンティーク感漂うこんな時計が欲しかったという期待に応えるブランドはありますが、スイスブランドであるならブランドイメージとか格という先入観がつきまといます。イエマはそのような先入観を与えず、とはいえ新興ブランドがそれ風な時計を作っているわけでもなく、素直に良いものは良いと感じさせてくれる魅力があります。機械式でならともかくクォーツでも揃えてくれるブランドはイエマくらいではないでしょうか。

二つ目の魅力は、人目を惹くそのデザインです。時計に興味がない人でも、一瞬目を引くと思います。奇抜なデザインのチープな時計とは訳が違います。高級感漂うなかに他とは違う香りを漂わせています。無意識に他人の手元に目が行く人間ですが、いまだにyemaに出会ったことはありません。それくらいレアなブランドですが、見たら目に焼き付くと思います

機械式時計の買い替えを趣味にしていますが、毎日付け替えるのはかなり不便を感じます。毎朝、止まっている時計の時間を合わせなければならないので。ときには時間を合わせないまま一日を終えることもあります。巻いていればいいんです。なんとなく落ち着きます。そんな生活をしているとクォーツの便利さに気づきます。そういうわけで何本かはクォーツを持っていますが、一番気になっているクォーツがyemaです。資金さえあればいつでも欲しいくらいですが。。。

posted with カエレバ