子連れ旅

スリランカ 息子9歳 子連れ旅 キャンディからエラへ 移動編

現地ではエラと聞こえましたが、エッラと書く人が多いのでエッラとします。
前日まで鉄道で行くかバスで行くか悩みましたが、この時期の鉄道は非常に混んでいるという情報により、ヌワラエリヤまでバスで行き、そこからエッラまで鉄道にしました。一等席は一ヶ月先まで満席だとTUKTUKドライバー。真偽はわかりませんが、あながち大げさではなかったかも。

TUKTUKでキャンディのバスターミナルへ。人造湖の西の外れにあります。ヌワラエリヤに行きたいと伝えておいたので、目的のバスの前で降ろしてくれました。マイクロバスで200ルピー/人(荷物は100ルピー/個だと言うので乗り換えようとしたら、じゃあいいよと譲歩してくれました)。所要3時間、休憩なし。

ヌワラエリヤのバスターミナルは結構大きいです。TUKTUKドライバー曰く、エッラ行きのバスはここから出ない。エッラ行きのバスターミナルは小さいそうで、時間を潰すならここの方が良いと。ここからエラまでは鉄道で行きたいと伝えると、キャンディから乗車した人のほとんどが降りるから良いのではないかとも。最寄りの鉄道駅(ナヌオヤ駅)まで900ルピー。だけど4時間待つからDAMRO teaの工場見学でも行かないかと。最後は駅まで送って2,000ルピーでどうかと。紅茶工場は妻が行きたいと言うので提案に乗りました。キャンディから来た道を随分戻りました。ここで途中下車したツーリストもいました。その方が効率的ではあると思いますが、移動時間や鉄道の時刻表を完全に抑えていないと難しいと思います。

紅茶工場は入場無料、ガイドにはチップを。試飲無料、お菓子は有料。キックバック代わりに紅茶をもらってTUKTUKドライバーも上機嫌。時間が余っているので、駅に向かいながらも色々と連れまわしてくれましたが、ガイド料はとられません。そういう国ばかりではありませんが、スリランカは安心して良さそうです。

ナヌオヤは小さな駅でもありませんが、駅前はこじんまりとしています。一軒のホテルで昼食。コーラ1本付けて総額200ルピー。コーラ飲まなければ150ルピーくらいだと思います。この旅の最安値です。

ホームには時間とともに乗客が増えてきます。ほとんどがツーリストです。そしてほぼ定刻に列車が入線しました。果たして何人降りたのかわかりませんが、圧倒的に乗る人の方が多いです。もはや朝のラッシュ並み。優雅な鉄道の旅は打ち砕かれ、連結器の隙間から外の景色をチラチラと見る程度。それでも息子は場所を譲ってもらえたので多少は景色を楽しめたかもしれません。


皆さんエッラで降りました。考えることは皆同じなようです。
エッラは小さな街です。ATMはありますが銀行・両替所はありません。駅を降りると右手に下り坂があります。沿道には飲食店が立ち並びます。100mほどの坂を下りきって左に曲がるとそれがメインストリートです。200mも行くと店は無くなります。

話しが飛びますが、エッラからコロンボまでは直通バスが1時間~1時間半毎にあるそうです。バス停は市内から3キロほど外れにあります。エッラからバンダラウェラまでは10~15分毎にバスがあるそうです。所要30分。バス停は駅から坂を下りた突き当り辺りのトンネル手前です。バンダラウェラへはトンネルをくぐって行きます。バス停の標識は無いのですが目印になる標識を撮ってきました。バンダラウェラからコロンボまでは頻繁にバスがあるそうです。それだけにルートは違うのではないかと推測します。なので所要時間と料金はバスにより異なると思います。
それとペラヘラのシーズンに鉄道に乗るならエッラからナヌオヤまでの逆ルートの方が良いと思います。