子連れ旅

スリランカ 息子9歳 ツーリストが目指す街エッラ編 

スリランカを訪れる欧米ツーリストが皆エッラを目指しているのではないかと思うほど集まっています。他の街で余り見かけないと思ったらここにいたのかって感じです。建ち並ぶ店も欧米ツーリストにそこまでおもねる必要があるのかと思うようなものが多く、エッラが良いという噂を聞いて訪れた私たちですが、なんかタイっぽくない?という印象でした。山あいの小さな街にある雰囲気を求めていたので残念でしたが、宿のホストは親切でしたし、見どころもありますし、行って良かったです。

(ハイキング三昧)
メインストリートの外れでTUKTUKを拾いリトルアダムスピークまで200ルピー。入口で降ろされてあとは歩くわけですがそれでも十分です。メインストリートから歩くツワモノもいるので歩けない距離ではないのだと思いますが、このあとナインアーチブリッジに行ってエッラ駅まで歩いて帰還するのであれば乗ってしまうことをお勧めします。

リトルアダムスピークでは2山登ります。途中まで戻ると98 acres resortという世界10傑に入る高級ホテル併設のcafé 98の看板があります。そこで一服してください。先は長いですし、一般人に泊まれるレベルではないホテルの雰囲気を覗けます。TUKTUKがいるところまで降りてきたら、また乗ってください。行先はナインアーチブリッジ、200ルピー。これも惜しくはありません。

この小道を下っていくと橋に出るというところで降ろしてくれます。画像右側の下りの小道です。平坦な左側に行ってしまうと民家です。とはいえ、橋へのアプローチの仕方は複数ありそうです。橋に着くまで誰とも会わなかったのですが、着いてみるとツーリストが沢山いたので、皆さんどこからか下りてきたのだと思います。

この橋を撮るなら列車が走っているときが良いと思うのでエッラ駅の時刻表を参考にしてください。撮り終えたらエッラ駅までレールの上を1時間ほど歩きます。結構ハードです。妻は口もきけなくなりました。休憩も含み全行程で6時間くらい。他にはエッラロックやら滝もありますが、十分満足です。3泊なら翌日行ったと思いますが、エッラは2泊で明日はコロンボまでの長距離移動なので断念しました。

(宿)
朝食付き2,000ルピー/日。朝食は8時以降。心臓破りの坂を登った先にある民泊です。最後はTUKTUKも荷物だけ積んで人は降ろして登り切りました。小高い山の頂上ですが、それほど景観が良いわけでもありません。鉄道は見えます。朝食の質量と宿主のホスピタリティーは素晴らしいです。この旅で一番安い宿でしたが一番良かったと思います。エッラまで来た甲斐があったというものです。

(食事)
欧米人に人気のcafe Chillは2階席がお勧めですが、店内はいつも混んでいます。待てないので1階の奥で妥協しました。思ったほど高くは無いです。息子はハンバーガーを頼みましたが美味しいです。3人で3,000ルピー(ビール2本とコーラ含む)。
ある意味でエッラっぽいのがChillとしたら、向かいのATM2階の食堂はスリランカの普通の飲食店。屋号は忘れました。騒がしくなくて良心的な店ですが空いてます。テラス席からメインストリートが一望。近隣店舗の音楽が聞こえてくるので喧騒を離れた雰囲気ではありませんが居心地が良いです。